写真1 写真2 写真3

このホームページは、赤い羽根共同募金の助成を受けて作成しています

地域包括支援センター
保健師、主任ケアマネジャー、社会福祉士という3分野の専門職が連携し、市町村や地域の医療機関、介護(介護予防)サービス業者、ボランティアなどと協力しながら地域の高齢者のさまざまな相談に対応します。
地域ケアシステム
援護を必要とする在宅の高齢者・障がい者・難病患者・認知症高齢者等に対し地域で互いに支え合う福祉コミュニティづくりの推進。
家族介護支援事業
在宅で高齢者を介護する方々を対象に介護技術の講習、介護に関する相談を実施し、また、介護者の健康づくりや交流を図ることで介護に対する心身の負担の緩和を目指します。
生きがい活動支援通所事業
概ね65歳以上の方を対象に要介護状態や閉じこもりがちになることを予防し、自立を支援することを目的とした「生きがい活動支援通所事業」を実施する。
認知症サポート事業
認知症について正しく理解し、認知症高齢者やその家族を温かく見守る応援者となる「認知症サポーター」を養成します。
敬老会事業
75歳以上の敬老者を区長・民生委員児童委員の協力を得て町民挙げて長寿をお祝いします。(時期は9月中旬)表彰区分ごとに表彰し、地域の学芸・演芸を楽しんでいただく。
単身高齢者給食サービス
月2回昼食を配布・ボランティアが作りボランティアが配達するふれあい型の給食。
ふれあい電話訪問
電話訪問員による声かけ運動と福祉相談、助言、情報の提供
生活援助型食事サービス
阿見町在住の65歳以上の虚弱な高齢者・高齢者世帯で、配偶者以外の同居の家族がいない方で、高齢虚弱又は心身の障害により自ら調理することが困難な方が対象になります。申請により認定された場合、夕食を宅配し自立生活を支援します。一部自己負担が発生します。月曜日から金曜日までの希望日の夕食です。(祝祭日は休み)
ほのぼの交流会
単身高齢者の方を対象に中学校区ごとに1つの会場で会食やレクリエーションを通じ、お互いの交流を図ります。
ほのぼのレクリエーション
単身高齢者の方を対象にお互いの交流を図るための日帰りの旅行を行います。
生活管理指導員派遣事業
介護保険で自立と認定された高齢者等で日常生活を営むのに支障のある者に対して日常生活の支援・援助のため、生活管理指導員を派遣します。個人負担が発生します。
日常生活自立支援事業
認知症の高齢者や知的・精神的に障害のある人など、判断能力が不十分で、かつ親族などの援助が得られない人に対し、福祉サービスの利用手続きの援助や日常生活の金銭管理、書類の預かりサービス等を行い、日常生活を支援します。
居宅介護支援事業
介護認定を受けた方に対し本人にとって最も適するサービス計画を中立・公平に作成する。(ケアプランの作成、自己負担額は有りません)
通所介護事業
さわやかセンターで食事・入浴・健康チェック等の介護サービス、日常的な動作訓練また、四季折々の行事等を取り入れることにより、本人の自立意識の高揚と、家族の介護負担の軽減を図ります。(季節の行事 初詣・節分・ひな祭り・花見・七夕・敬老会・・クリスマス忘年会・買い物ツアー・公園散策・誕生会等)1割負担が発生します。(食事は全額自己負担)
訪問介護事業
訪問介護員(ホームヘルパー)が自宅を訪問し、身体介護や生活支援等を実施、日常生活を支援する。1割負担が発生します。
障害者訪問入浴援事業、介護保険訪問入浴事業
家庭において入浴することが困難な方へ、浴槽を積んだ車で自宅を訪問し、浴槽を室内に設置し、入浴サービスを提供する。1割負担が発生します。
在宅福祉有償サービス事業(ひまわりサービス)
概ね65歳以上の高齢者で日常生活を営む上で困難のある世帯等に、簡単な家事のお手伝いを提供する有料の在宅サービスです。町民のご協力による「協力会員」が「利用会員」へのサービスの提供を行います。「利用会員」「協力会員」ともに登録制になっています。
心配ごと相談
心配ごと、困っている事項について相談を受け解決の方法へと導く又専門的な法律相談は弁護士相談につなげる。
低床カー貸出事業
高齢者・障がい者(児)を同乗して外出する方に、車椅子ごと乗れる軽車両を2日間限度で貸出します。ガソリン代として1㎞あたり10円の負担があります。予約は1ヶ月先まで可能ですが複数の予約は出来ません。(当日、予約がない場合は使用可)
車椅子貸出事業
在宅の病気・けが等ある方および高齢者などで歩行が困難な方に一時的(最長1ヶ月)に車椅子を貸出します。
障害者支援センター(生活介護、就労継続支援B型)
〇生活介護・・・常に介護を必要とする方に、昼間、食事、排泄等の介護等を行うとともに、創作的活動又は生産活動の機会を提供します。
障害者訪問介護員派遣事業(ホームヘルパー、ガイドヘルパー、移動支援)
>訪問介護員が訪問し、身体介護、家事援助、通院介助等、日常生活を支援します。通院介助は、公共交通機関、タクシーなどでの付き添いや通院時、院内での介助をします。一部自己負担が発生します。
障害者訪問入浴援事業、介護保険訪問入浴事業
家庭において入浴することが困難な方へ、浴槽を積んだ車で自宅を訪問し、浴槽を室内に設置し、入浴サービスを提供する。1割負担が発生します。
在宅障がい者・児歳末援護事業
援護対象者に歳末援護金、クリスマスプレゼントをお送りします。
日常生活自立支援事業
認知症の高齢者や知的・精神的に障害のある人など、判断能力が不十分で、かつ親族などの援助が得られない人に対し、福祉サービスの利用手続きの援助や日常生活の金銭管理、書類の預かりサービス等を行い、日常生活を支援します。
阿見町障害者福祉協議会への助成
阿見町障害者福祉協議会のスポーツ大会、宿泊レクリエーションへの助成
生活援助型食事サービス
阿見町在住の65歳以上の虚弱な高齢者・高齢者世帯で、配偶者以外の同居の家族がいない方で、高齢虚弱又は心身の障害により自ら調理することが困難な方が対象になります。申請により認定された場合、夕食を宅配し自立生活を支援します。一部自己負担が発生します。月曜日から金曜日までの希望日の夕食です。(祝祭日は休み)
在宅福祉有償サービス事業(ひまわりサービス)
概ね65歳以上の高齢者で日常生活を営む上で困難のある世帯等に、簡単な家事のお手伝いを提供する有料の在宅サービスです。町民のご協力による「協力会員」が「利用会員」へのサービスの提供を行います。「利用会員」「協力会員」ともに登録制になっています。
低床カー貸出事業
高齢者・障がい者(児)を同乗して外出する方に、車椅子ごと乗れる軽車両を2日間限度で貸出します。ガソリン代として1㎞あたり10円の負担があります。予約は1ヶ月先まで可能ですが複数の予約は出来ません。(当日、予約がない場合は使用可)
車椅子貸出事業
在宅の病気・けが等ある方および高齢者などで歩行が困難な方に一時的(最長1ヶ月)に車椅子を貸出します。
ボランティアの相談・登録・斡旋
ボランティアに関する相談・登録・斡旋を行っています。
ボランティア講座等の実施
ボランティアに関する講座(傾聴講座等)を行っています。
ボランティア連絡会支援、学校福祉教育支援
ボランティア連絡会に対する支援及び町内の学校における福祉教育に関する支援を行っています。
児童生徒のボランティア活動普及、育成
町内の児童・生徒に対するボランティア活動普及、育成を行っています。
ボランティアワークキャンプ
町内中学生へのボランティア意識を育成することを目的にキャンプを通じてボランティアに関する活動を行っています。
傾聴ボランティア講座
ボランティアの育成・登録・相談・斡旋・講座開設等により、町民のボランティア意識を啓発し、住民の自発的活動による町づくり及び地域福祉活動への参加を支援する。
心配ごと相談
心配ごと、困っている事項について相談を受け解決の方法へと導く又専門的な法律相談は弁護士相談につなげる。
善意銀行事業
町民からの善意の金品を預託し、町民の福祉向上のための払出をする。
歳末援護金事業
援護対象者に少しでも明るい新年を迎えていただく為、歳末援護金、クリスマスプレゼント、お年玉等を送ります。
低床カー貸出事業
高齢者・障がい者(児)を同乗して外出する方に、車椅子ごと乗れる軽車両を2日間限度で貸出します。ガソリン代として1㎞あたり10円の負担があります。予約は1ヶ月先まで可能ですが複数の予約は出来ません。(当日、予約がない場合は使用可)
車椅子貸出事業
在宅の病気・けが等ある方および高齢者などで歩行が困難な方に一時的(最長1ヶ月)に車椅子を貸出します。
会務の運営
理事会・評議員会・各委員会・福祉推進員会議・監事監査の開催。
社協会費募集
社協事業の自主財源となる一般会員・特別会員・法人会員の募集を行っております。
共同募金運動推進活動(赤い羽根・歳末たすけあい)
共同募金事業の拡大を目指し、共同募金赤い羽根募金・歳末たすけあい募金活動を推進します。
ホームページ事業
阿見町社会福祉協議会のホームページを通して事業紹介、情報発信をして阿見社協のPRを進めます。
しゃきょうだより
広報紙「しゃきょうだより」発行を通じて社協事業の紹介、ボランティアの活動状況等を町民に広報し、社協事業へのご理解・ご協力を得るとともに町民への福祉意識の関心を高めることを目指します。
歳末ふれあい交流会
地域の子供達や子育て世代の親たちの交流を季節行事を通じて深めていくことを目的に開催しています。
さわやかフェア
町のまつりの中で社会福祉協議会の事業のPRや広報活動、募金活動を行っています。
ファミリーサポート事業(ひまわりサービス)
小学生までのお子さんを持つ保護者の方に有料で育児援助(子供の送迎・外出時の子供の預り・産前産後の家事援助等)を行うサービスです。
傾聴ボランティア講座
ボランティアの育成・登録・相談・斡旋・講座開設等により、町民のボランティア意識を啓発し、住民の自発的活動による町づくり及び地域福祉活動への参加を支援する。
ボランティアワークキャンプ
町内中学生へのボランティア意識を育成することを目的にキャンプを通じてボランティアに関する活動を行っています。
福祉作文
次代を担う小・中学生の皆さんに、「思いやりの心」や「人へのいたわり」など社会福祉活動への関心を深めることを目的に作文を募集、審査表彰しています。
施設入所児童への歳末援護
阿見町に住民登録している18歳以下の施設へ入所している方へあたたかいお正月を迎えていただくために援護金を配布する。
児童生徒のボランティア活動普及、育成
町内の児童・生徒に対するボランティア活動普及、育成を行っています。
中学生いきいき介護教室
地域の介護予防の担い手となる中学生に、介護及び介護予防に関する介護教室を開催。
要保護・準要保護世帯入学祝金支給
要保護・準要保護世帯及び一人親世帯の小中学校、高校へ入学する児童生徒に祝い金を配布する事業
障がい児レクリエーションなかよし広場
心身に障害を持つ子供たちを招待し,保護者の方々と共に楽しく過ごしたり、保護者同士の親睦を図ります。
車椅子貸出事業
在宅の病気・けが等ある方および高齢者などで歩行が困難な方に一時的(最長1ヶ月)に車椅子を貸出します。
歳末ふれあい交流会
地域の子供達や子育て世代の親たちの交流を季節行事を通じて深めていくことを目的に開催しています。
敬老会事業
75歳以上の敬老者を区長・民生委員児童委員の協力を得て町民挙げて長寿をお祝いします。(時期は9月中旬)表彰区分ごとに表彰し、地域の学芸・演芸を楽しんでいただく。
単身高齢者給食サービス
月2回昼食を配布・ボランティアが作りボランティアが配達するふれあい型の給食。
ふれあい電話訪問
電話訪問員による声かけ運動と福祉相談、助言、情報の提供
生活援助型食事サービス
阿見町在住の65歳以上の虚弱な高齢者・高齢者世帯で、配偶者以外の同居の家族がいない方で、高齢虚弱又は心身の障害により自ら調理することが困難な方が対象になります。申請により認定された場合、夕食を宅配し自立生活を支援します。一部自己負担が発生します。月曜日から金曜日までの希望日の夕食です。(祝祭日は休み)
在宅障がい者・児歳末援護事業
援護対象者に歳末援護金、クリスマスプレゼントをお送りします。
ボランティアの相談・登録・斡旋
ボランティアに関する相談・登録・斡旋を行っています。
ボランティア講座等の実施
ボランティアに関する講座(傾聴講座等)を行っています。
ボランティア連絡会支援、学校福祉教育支援
ボランティア連絡会に対する支援及び町内の学校における福祉教育に関する支援を行っています。
児童生徒のボランティア活動普及、育成
町内の児童・生徒に対するボランティア活動普及、育成を行っています。
ボランティアワークキャンプ
町内中学生へのボランティア意識を育成することを目的にキャンプを通じてボランティアに関する活動を行っています。
傾聴ボランティア講座
ボランティアの育成・登録・相談・斡旋・講座開設等により、町民のボランティア意識を啓発し、住民の自発的活動による町づくり及び地域福祉活動への参加を支援する。
福祉作文
次代を担う小・中学生の皆さんに、「思いやりの心」や「人へのいたわり」など社会福祉活動への関心を深めることを目的に作文を募集、審査表彰しています。
施設入所児童への歳末援護
阿見町に住民登録している18歳以下の施設へ入所している方へあたたかいお正月を迎えていただくために援護金を配布する。
中学生いきいき介護教室
地域の介護予防の担い手となる中学生に、介護及び介護予防に関する介護教室を開催。
心配ごと相談
心配ごと、困っている事項について相談を受け解決の方法へと導く又専門的な法律相談は弁護士相談につなげる。
善意銀行事業
町民からの善意の金品を預託し、町民の福祉向上のための払出をする。
要保護・準要保護世帯入学祝金支給
要保護・準要保護世帯及び一人親世帯の小中学校、高校へ入学する児童生徒に祝い金を配布する事業
障がい児レクリエーションなかよし広場
心身に障害を持つ子供たちを招待し,保護者の方々と共に楽しく過ごしたり、保護者同士の親睦を図ります。
歳末援護金事業
援護対象者に少しでも明るい新年を迎えていただく為、歳末援護金、クリスマスプレゼント、お年玉等を送ります。
しゃきょうだより
広報紙「しゃきょうだより」発行を通じて社協事業の紹介、ボランティアの活動状況等を町民に広報し、社協事業へのご理解・ご協力を得るとともに町民への福祉意識の関心を高めることを目指します。
歳末ふれあい交流会
地域の子供達や子育て世代の親たちの交流を季節行事を通じて深めていくことを目的に開催しています。
さわやかフェア
町のまつりの中で社会福祉協議会の事業のPRや広報活動、募金活動を行っています。
生活福祉資金、小口貸付事業
生活困窮者等に対する一時的生活資金及び更生資金等の貸し付けを行っています。条件がございますので詳しくはこちらを参照下さい。
地域包括支援センター
保健師、主任ケアマネジャー、社会福祉士という3分野の専門職が連携し、市町村や地域の医療機関、介護(介護予防)サービス業者、ボランティアなどと協力しながら地域の高齢者のさまざまな相談に対応します。
地域ケアシステム
援護を必要とする在宅の高齢者・障がい者・難病患者・認知症高齢者等に対し地域で互いに支え合う福祉コミュニティづくりの推進。
家族介護支援事業
在宅で高齢者を介護する方々を対象に介護技術の講習、介護に関する相談を実施し、また、介護者の健康づくりや交流を図ることで介護に対する心身の負担の緩和を目指します。
生きがい活動支援通所事業
概ね65歳以上の方を対象に要介護状態や閉じこもりがちになることを予防し、自立を支援することを目的とした「生きがい活動支援通所事業」を実施する。
認知症サポート事業
認知症について正しく理解し、認知症高齢者やその家族を温かく見守る応援者となる「認知症サポーター」を養成します。
ほのぼの交流会
単身高齢者の方を対象に中学校区ごとに1つの会場で会食やレクリエーションを通じ、お互いの交流を図ります。
ほのぼのレクリエーション
単身高齢者の方を対象にお互いの交流を図るための日帰りの旅行を行います。
日常生活自立支援事業
認知症の高齢者や知的・精神的に障害のある人など、判断能力が不十分で、かつ親族などの援助が得られない人に対し、福祉サービスの利用手続きの援助や日常生活の金銭管理、書類の預かりサービス等を行い、日常生活を支援します。
在宅福祉有償サービス事業(ひまわりサービス)
概ね65歳以上の高齢者で日常生活を営む上で困難のある世帯等に、簡単な家事のお手伝いを提供する有料の在宅サービスです。町民のご協力による「協力会員」が「利用会員」へのサービスの提供を行います。「利用会員」「協力会員」ともに登録制になっています。
ファミリーサポート事業(ひまわりサービス)
小学生までのお子さんを持つ保護者の方に有料で育児援助(子供の送迎・外出時の子供の預り・産前産後の家事援助等)を行うサービスです。
居宅介護支援事業
介護認定を受けた方に対し本人にとって最も適するサービス計画を中立・公平に作成する。(ケアプランの作成、自己負担額は有りません)
通所介護事業
さわやかセンターで食事・入浴・健康チェック等の介護サービス、日常的な動作訓練また、四季折々の行事等を取り入れることにより、本人の自立意識の高揚と、家族の介護負担の軽減を図ります。(季節の行事 初詣・節分・ひな祭り・花見・七夕・敬老会・・クリスマス忘年会・買い物ツアー・公園散策・誕生会等)1割負担が発生します。(食事は全額自己負担)
訪問介護事業
訪問介護員(ホームヘルパー)が自宅を訪問し、身体介護や生活支援等を実施、日常生活を支援する。1割負担が発生します。
訪問入浴介護事業
家庭において入浴することが困難な方へ、浴槽を積んだ車で自宅を訪問し、浴槽を室内に設置し、入浴サービスを提供する。1割負担が発生します。
障害者訪問介護員派遣事業(ホームヘルパー、ガイドヘルパー、移動支援)
訪問介護員が訪問し、身体介護、家事援助、通院介助等、日常生活を支援します。通院介助は、公共交通機関、タクシーなどでの付き添いや通院時、院内での介助をします。一部自己負担が発生します。
生活管理指導員派遣事業
介護保険で自立と認定された高齢者等で日常生活を営むのに支障のある者に対して日常生活の支援・援助のため、生活管理指導員を派遣します。個人負担が発生します。